会社には、株式会社、合名会社、合資会社、合同会社の4種類があります。
その中でも、事業を始める際には、株式会社か合同会社のいずれかを選択する場合が多いです。
  
  株式会社 ➡︎ お金を出す人(株主) 経営を行う人(役員)
        ※同じ人が株主と役員になっても良い

  合同会社 ➡︎ お金を出す人(社員) 経営を行う人(社員)
        ※経営を行う人を一定の人に限定する事も可能

株式会社に比べると、あまり知られていない合同会社のメリット、デメリットをご紹介します。

合同会社のメリット

 ・設立手続き、運営が簡単
  株式会社は、定款を公証役場で認証する必要がありますが、合同会社は、不要。
  (定款は作成します)
  役員の任期、決算報告義務がないため費用がかからない。
 
 ・設立時の費用が安い
  株式会社の登録免許税は、15万円、合同会社は6万円。
 
 ・比較的自由に定款を決めることができる。

合同会社のデメリット

 ・社会的認知度が低い
  株式会社と比べると、信用面でも低く見られる場合がある。
 
 ・資金調達が限定される。
  合同会社は、出資を行った人が、業務も行う。

《株式会社と合同会社の比較》

株 式 会 社合 同 会 社
 出 資 者1人以上1人以上
 出 資 金1円以上1円以上
 役   員1名以上の取締役
(監査役は任意)
出資者
(業務執行社員を特定することも可)
 役員の任期最長10年なし
 定款の認証必要不要
(定款の作成は必要)
 登   記必要必要
 設 立 費 用登録免許税    : 15万円~
定款認証費用 : 3~5万円
印紙税    : 4万円
(電子定款の場合は不要)
登録免許税    : 6万円~
定款認証費用 : 不要
印紙税    : 4万円
(電子定款の場合は不要)
 知 名 度あるあまり知られていない
 事 業 拡 大小規模から大規模まで可小規模の事業
 決 算 公 告必要不要
利益・分配など出資額に比例利益・権限の配分は自由

まとめ

広く一般に知られているのは、株式会社です。事業を拡大し、会社の規模を大きくすることを目指す場合や、取引先や社会に対する信用が必要な事業を行う場合は、株式会社がおすすめです。

一方で合同会社は、費用が安くすむというメリットがあり、少ない人数で比較的小規模な事業を行う場合や、専門的なサービスを行う場合などに向いています。

株式会社と合同会社についてご紹介しました。

お気軽にお問い合わせください。047-394-0011受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ ここをクリック

投稿者プロフィール

木村紀子
木村紀子
千葉県松戸市の行政書士です。
趣味は、料理、お菓子作り、旅行。
韓国語勉強中!
相続・遺言、各種許認可でお困りの際は、是非お問い合わせください。