相続の方法には、「単純承認」「限定承認」「相続放棄」の3種類があります。

単純承認

相続人が、プラスの財産もマイナスの財産も相続します。
マイナスの財産が多い場合は、相続人が債務を返済することになります。

特に必要な手続きはありません。
以下の場合には「単純承認」したことになります。

  • 相続財産の全部または一部の処分をした。
  • 相続があったことを知った時から3か月以内に、限定承認・相続放棄をしない。
  • 限定承認・相続放棄の手続きをした後に、相続財産を使ったり、手続きの時に財産を隠していた。

限定承認

プラスの財産の範囲内で、債務(マイナスの財産)を弁済して、あまりがあれば、相続できるという制度です。
合理的な制度ですが、相続人全員で行わなければなりません。

相続放棄

マイナスの財産が多い場合や、遺産を受け取りたくない場合に、行う手続きです。
放棄する相続人は、相続が開始したことを知った時から、3か月以内に、家庭裁判所に申し立てをします。
相続の放棄をすると、その相続に関しては、はじめから相続人ではなかったことになります。

まとめ

近年、相続放棄を行う人は増加傾向にあり、2019年時点では、20万件を超えています。
相続放棄は、1人で行うことができ、手続きもそれほど複雑ではありません。
一方で、限定承認は、あまり利用されていない制度です。
どちらの手続きも、相続の開始があったことを知った時から3か月以内に行う必要があります。

お気軽にお問い合わせください。047-394-0011受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ ここをクリック

投稿者プロフィール

木村紀子
木村紀子
千葉県松戸市の行政書士です。
趣味は、料理、お菓子作り、旅行。
韓国語勉強中!
相続・遺言、各種許認可でお困りの際は、是非お問い合わせください。

相続の方法は3種類” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。