株式会社の定款

株式会社を設立するには、会社の約束事をまとめた「定款」を作成します。
定款には、会社法で決められた、絶対に記載しなければならない項目があります。

株式会社の定款の絶対的記載事項

  • 商号(社名)  ‥ 会社の名前
  • 目的 ‥ どのような事業を行うのか
  • 本店の所在地 ‥ 本店住所のうち、最小行政区である市区町村までを記載すれば良い
  • 設立に際して出資される財産の価額またはその最低額 ‥ 出資財産額
  • 発起人の氏名または名称およびその住所 ‥ 発起人の氏名、住所・発起人が法人の場合は、名称、本店住所

会社の「目的」とは

その会社でどのような事業を営むのかを「目的」として定款に記載します。
会社は、「目的」に記載されている事業の範囲内でだけ活動することができ、「目的」に書かれていない活動はできません。
そして、やりたいことを何でも「目的」に記載すれば良いというわけではなく、「適法性」「営利性」「明確性」といった3つのポイントがあります。

  • 適法性
    違法な目的・公序良俗に反する目的は、定めることができません。
     例:「詐欺、脅迫」「麻薬の販売」‥✖️
  • 営利性
    株式会社は営利を目的としているので、非営利の活動だけを目的にすることはできません。
     例:「ボランティア活動」「寄付」‥✖️
    付随的に会社が非営利活動を行うことが、禁止されているわけではありません。
  • 明確性
    会社の目的に使われる言葉は、誰が見てもわかるように、みんなが知っている言葉を使う必要があります。

「目的」は、いつでも追加したり、削除したりできますが、その際には、定款変更と変更登記が必要になり、手間とお金がかかってしまいます。将来行う可能性のある事業や業務は、あらかじめ入れておくことも検討してみてください。
また、許認可が必要な事業については、目的に記載しておく必要があります。

「目的」の記載例

業  種目  的
許認可や届出が必要な事業目的の例
飲食店 ・飲食店の経営
・パン、ケーキの製造販売並びに喫茶店経営
建設業・建築、土木工事の設計、施工及び監理
宅地建物取引業・不動産取引業
・不動産の売買、賃貸、仲介及び管理
古物商(リサイクルショップ)・古物営業法に基づく古物商
人材派遣業・労働者派遣事業
・有料職業紹介事業
酒類販売業免許・酒類販売業
産業廃棄物収集運搬業・産業廃棄物の収集・運搬及び処理に関する業務
その他の業務の例
IT・情報通信業・インターネット・ホームページの企画、立案、制作およびメンテナンス業務
・インターネットでのマーケティングリサーチおよび各種情報提供サービス
広告・出版業・広告代理業、出版業、印刷業ならびに新聞業
・グラフィックデザイン業
サービス業・イベント、コンサートの開催および企画請負業務
・イベント、セミナーの企画、運営、実施および管理
・会社のロゴなどのデザイン制作
コンサルタント・経営コンサルタント業
・医療および健康に関するコンサルタント業

まとめ

  • 株式会社の定款に定める「目的」は、絶対的記載事項の一つ。
  • 目的には「適法性」「営利性」「明確性」といった3つのポイントがある。
  • 将来行う可能性がある事業も入れておく。
  • 許認可を必要とする事業かどうかを確認する。

当事務所では、定款の作成も承っております。
定款作成でお困りの際は、ぜひご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。047-394-0011受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ ここをクリック

投稿者プロフィール

木村紀子
木村紀子
千葉県松戸市の行政書士です。
趣味は、料理、お菓子作り、旅行。
韓国語勉強中!
相続・遺言、各種許認可でお困りの際は、是非お問い合わせください。